2016/03/15 09:37:15 |

日本人に限らずどこの国でもある程度の年齢になると薄毛の人が増えてきますよね?AGAは世界共通の薄毛で人種や環境などは関係ないと思われていました・・しかし、実は同じアメリカ人でも原住民であるインディアンにはハゲがほとんどいないのです!最近はインディアンと言っても昔のような生活をしている人は少なく、何でも手に入るはずですがそれでもハゲが少ないのは、化学物質が大量に含まれたシャンプーではなくユッカの根を原料に作られた無添加シャンプーを使っていることが分かったそうです。今でもこの人たちは髪が薄い人はほとんどいないようで、なんと100人に1人というハゲている人の方が逆に珍しいという何とも羨ましい特徴を持っています。昔から使っている無添加シャンプーで頭皮が健康な状態を保てているため、十分な栄養が毛根まで行き届き薄毛にならないと言うことらしいのです・・最近は日本でも毛穴の汚れを根こそぎ取り除き頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうようなシャンプーを使う人は少なくなり、無添加でマイルドな成分、適度に皮脂を残しバリア機能を高める成分が注目されるようになってきました。このような今になって分かってきたことをインディアンはかなり昔から取り入れ、今でも受け継がれているのです!それによって髪が抜ける抜けないが決まってくるのなら、シャンプー選びは本当に大切で私たちはもっと神経を使わなくてはならないのかもしれません。

2016/03/15 09:36:15 |

薄毛に納豆が良いと言い張っている男性が多いようですが、これは本当に効果があるのでしょうか?なぜ効果があるのかを知らずに毎日食べ続けている人が多いのではないでしょうか?納豆は大豆ですし発酵食品なので健康にはとても良いのはみんな知っていますが、薄毛や抜け毛などにも効果があるはなぜでしょう?実はこれにはちょっとしたコツがあり、ただ納豆をたくさん食べれ場髪が生えてくるわけではなく、納豆に含まれるイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで抜け毛が減るというデーターがあるのです。ですから、毎日たくさん納豆を食べれば薄毛に効果があると言うのは正しいとも言えますが、間違いとも言えるのです。しかし、納豆をカプサイシンを同時に摂取するのは意外と簡単でキムチやトウガラシ、七味をプラスすれば良いので意識せずにそうやって食べていた人もいるかもしれません・・

2016/03/15 09:35:15 |

これだけハゲに関する情報が溢れ、効果的な薬や育毛剤、発毛剤が開発されてもハゲが治らない人がいるのはなぜでしょう?本気で治す気があるのか不思議に思うことがあります・・しかし、本人はかなり本気でハゲ改善に取り組んでいることが多く、何をやっても治らないだけで自分で効果的だと思うことは何かしらやっているようなのです。それでも改善しないのには何か原因があるからで、それが分かればハゲは簡単に治るのかもしれません。

 

まず考えられることは今行っている薄毛ケア方法が間違っていると言うこと!これはかなり可能性が高いと思います。たとえばAGA治療が必要な人がそれに合った育毛剤を使っていないことで、男性ホルモンの抑制が全くできていない。他の原因で薄毛になっている人も同じことが考えられ、頭皮の血流が悪いために抜け毛が増えている人がAGAのケアを行っても当然効果は出ません!このように原因に合ったケア方法を行わないとどんなに効果的な育毛剤や薬を使ってもハゲが治るわけありませんよね?ですから、まずは自分がなぜ薄毛になったのかを知る事が大切なのです。

2016/03/15 09:34:15 |

毎日きちんとシャンプーをしているのにフケが出てくる人はいませんか?実はこのフケは2種類あり乾燥したパラパラしたタイプと湿り気を帯びた脂っぽいフケです。湿ったフケが悪化すると頭皮環境が悪くなり髪が抜ける原因にもなるので、早めに気づき対処することが大切なのです!パラパラのフケの場合は頭皮の乾燥が原因で顔や他の皮膚と同じように皮が剥けてしまうのです・・原因は色々ありますが、シャンプーのし過ぎや肌に合わない強い成分のシャンプーを使っている場合、紫外線やクーラーなどによって肌のターンオーバーが乱れ肌の生成が正常に行われなくなっている状態です。ですから、マイルドな成分で作られたシャンプーを使うことや、爪を立てて洗わない、ゴシゴシこすらず優しい泡で包み込むように洗うと徐々に頭皮が潤いを取戻し、フケも治まってくるはずです。

2016/03/15 09:33:15 |

誰でも年齢とともに髪が薄くなるのは仕方がないことかもしれませんが、まだ若い頃からハゲてしまうのは悲惨なことですよね・・これから色々な楽しいことがあるのに、頭のコンプレックスが邪魔をしてやりたいことや好きなこと、恋愛にも臆病になってしまう人が多いようです。お笑い芸人のようにハゲていることを売りにして人気者になっている人もなかにはいますが、ほとんどの人が若ハゲを何とかしたいと思うはずです。しかし、早くから薄くなった髪を改善するのは大変なので、予防することも大切なのです。たとえば、食生活や生活習慣、喫煙、ストレス、運動不足などを見直すだけで頭皮環境が改善することもあり予防にもなるので気を付けてみてはいかがでしょうか?

 

前頭部薄毛 育毛剤